「胸がもっと大きかったらな」という彼氏の傷つく一言を彼女が許せた理由

※これは、胸の大きさについて彼氏に言及されて思い悩む、とある女性の体験談です。

 

「彼氏に言われた冗談の一言が、どうしても忘れられなくて、つらくて苦しくて仕方がないんです」

 

幸せの最中にいた彼女を、彼の一言はどん底に落としたそうだ。

 

 

目次

もしも彼女の胸が大きかったら

大きくなーれ、と彼はよく冗談で言っていた。

ある日彼女は、

「私の胸がもっと大きくなったらどうする?」

と尋ねてみた。

 

「えー、最高やん!」

彼氏は素直に言った。

 

男ってしょうがない、と彼女はその場では笑えたらしい。

 

 

しかし、それから事あるごとに、彼女の心に彼の一言が影を落とすようになった。

 

彼にハグされても

(本当は物足りないと思ってるんだろうな)

と思えて何も幸せではない。

彼からどんな愛情表現やスキンシップを受けても

ザルから水が溢れるように何も感じなくなってしまった。

 

 

「所詮、私は彼にとっての“最高”ではない」

 

 

大きくなーれ、と言われるたびに

 

お前の胸じゃ物足りねー。

胸小さくてがっかり。

 

そう言われているのだと思った。

 

 

だから、彼女は彼を拒絶するようになった。

 

 

 

「〇〇子♡」と彼は彼女に抱きつく。

 

うるせぇよ。

自分の女にケチつけといて調子乗るんじゃねーよ。

他の巨乳女のとこにいけ。

 

 

「最近冷たい」と彼は子犬のような目で彼女を見た。

「じゃあ言うけど」

彼女は切り出した。

 

 

私の胸のことを大きさのことでどうこう言われるのが不快でした。

今の私じゃ不足だというように聞こえました。

何をどうしたって大きくならない可能性のほうが高いのに、何をどうすればいいのか。

豊胸でもすればいいのか。

 

あなたも毎日「大きくなーれ」と言われたら平気ですか。

「もっと大きかったらあなたは最高よ」と言われたら嬉しいですか。楽しいですか。喜ばしいですか。

 

 

…あ、後半の方は言いませんでしたけど。

 

 

こういうときに「常識的に考えてあなたはどうなの」とか「普通はこうでしょ」などという言い方は厳禁である。

だから彼女はあくまで主観として、「ご存じなかったかもしれませんが、私はこういう言葉で傷つくんですよ」

と淡々と自己紹介するように伝えた。

 

 

彼氏はさっと青ざめた。

 

「ごめん、そういう意味じゃなかった」

「〇〇子を不満だなんて思ったことない」

「言われた方の気持ちを考えず軽率なこと言ってごめん。もう二度と言わない」

 

 

彼女はそれ以上何も言えなくなった。

そうして、その時は終わった。

 

 

彼が許せない胸の苦しみ

……しかし、彼女の苦悩は終わらなかった。

 

彼は彼女を気遣って、何も言わなくなった。

ハグしたときも、「最高〜」とか「幸せ〜」とかしか言わなくなった。

 

それでも。

 

彼女の心の中の黒いものは消えなかった。

 

 

胸の大きい子と付き合えなかったから私で妥協して、我慢してるんだわ。

私が不満を言ったから気遣ってるだけで、本心はどうせ大きい方がいいと思ってるくせに。

 

 

 

彼女は彼を拒み続けた。

 

 

 

(ところで、豪邸のようなモデルルームに夫婦で見学に行ったときに

「わーすごい!最高!こんな家に住みたい!」と妻に言われて

「俺の稼ぎじゃこんな家無理だよ…」と落ち込む人がいるだろうか。そうでもない人のほうが多いのではなかろうか。

 

豪邸を夢見るのと同じだ。

巨乳はファンタジー。

別に本気で叶うとも叶えたいとも思っていない。

夢くらいでっかく持ちたいよねというものだ。)

 

 

「〇〇子?」

寝室の扉から、彼が遠慮がちに顔を出す。

 

彼女はスマホ画面から目を上げ、微笑む。

そしてまたすぐにスマホ画面に目を落とす。

 

 

気管が三分の一ぐらいの細さに狭まったように、呼吸するのが辛かった。

胸に鉛を詰め込んだように、気分が重かった。

 

 

彼はもう誠心誠意謝ってくれて、二度と同じようなことを口にしなくなったのだから、

これ以上彼と話し合えることがない。

 

彼女としては打つ手なしなのである。

 

 

 

それは浮気の疑いと同じで、

「私じゃだめなの?」「私以外の誰かなの?」と疑い始めると、

相手がどう弁明しようがもう取り返しがつかないものだった。

 

 

そもそも、「彼女の胸が大きかったら」というのは、「ありのままの彼女を許せていない」ということであって、

それって彼女以外の女像に夢を見ているってことで、

「それは浮気と同等の罪なんじゃないのか」とさえ彼女には思えてくるのだった。

 

 

息をしているだけで、彼の存在が同じ空間にあるだけで、彼女の自尊心は削り取られていった。

 

「彼は私の胸の大きさを不満に思っている」というのは、果たして彼女の単なる思い込みだろうか。

 

彼女にはそうは思えなかった。

なぜなら、過去の彼は現実に「もっと大きかったら最高っ!」

と声を大にして明言していたからだ。

 

 

 

彼女の心は彼を離れつつあった。

 

「どうやっても、もう私は彼の愛を信じることはできないのだから、彼と離れることで幸せになるべきではないか」

とも考えるようになった。

 

 

「最近どうしたの?」

と彼は気遣うように彼女に時々問いかけた。

 

そのシリアスな空気の中で、

「私の胸が小さいから云々」

などといった返事はあまりにも場違いに間抜けでくだらなく聞こえるような気がした。

 

だから彼女は苦痛を胸に押し殺した。

 

 

 

―彼は、その一言で私が深く深く傷つくことを知らなかったのだ。

 

知っていたら、あんなことは言わなかっただろう。

 

冗談だと思ってもらえると思っていたのだ。

 

 

しかし、悪気がないと分かっているからこそ、「本心だったんだろうな」と思えてしまう。

いっそ彼に悪意があればよかったのに。

傷つけるためだけに言った、偽りの言葉だったら良かったのに。

 

 

 

彼女もまた、彼を許せないでいるのだ。

 

 

愛していたら許せるだろうって?

 

彼女はそんなに都合良くできていない。

 

 

 

「私は綺麗」

ある夜のお風呂上がりに、ふと全身鏡が目に入った。

 

 

 

少し斜めになった角度。

目が行くのは、脇から緩やかなS字を描く曲線。

 

その造形に、彼女はハッとした。

 

 

 

美しかったからだ。

 

 

 

「きれい」

そう声が漏れる。

彼女の呼吸は少し速くなった。

 

今日まで細胞分裂を繰り返して、彼女の体は彼女たり得ていた。

彼女がここに明確な輪郭を持って存在するということが、彼女が完璧であるということの証明になっていた。

 

私は何も欠けてはいない。

 

私に足りないものなどない。

私の全てはここにあるではないか。

 

 

「きれい」

と言われた彼女の心は震えた。

 

今まで、きれい、と言われたことがあったかしら。

他でもない、自分自身に。

 

そう、私、私を綺麗だと思ってくれるのね。

私のすべてを、許してくれるのね。

 

彼女の目から涙がほろほろと落ち始めた。

 

 

どこかの誰かに許され愛されたかったのではない、私は私自身に認められたかったのだ。

 

 

彼女は声を押し殺して泣いた。

自分の完全性に気付かずにケチをつけていたのは、彼女自身だったのだ。

 

今や彼女は、自分の細胞のひとつひとつが愛おしかった。

何ひとつ付け足したり、何ひとつ取り除く必要はなかった。

 

 

 

ひとしきり泣いたとき、彼女の心は晴れ上がっていた。

 

彼の部屋に行くと、彼は珍しそうに彼女を見て、立ち上がって抱き締めた。

 

この頃散々な態度を取っていたのになぜこんなにも愛おしんでくれるのか、彼女には理解できなかったが、

それでもここ最近の彼に対する毒気は抜けていた。

 

 

「あー幸せ」と言う彼の表情を見ると、本当に幸せそうに目を瞑っていて、

その顔はどう見ても、彼女のどこかに不満を持ってそれを押し隠しているような顔ではなかった。

 

さながら、無垢な子供のような表情だった。

 

 

ああ。

彼はいつもこういう顔をしていたのか。

私が見ていなかっただけで。

バカだ、と彼女の口元は緩んだ。

 

 

 

もう、どこの男にどう思われようがどうでも良かった。

私が私を綺麗だと言ってくれたから。

 

誰が何を言おうが、

私に何を付け足しても、何を取り除いてもいけないのだ。

 

なぜなら、私が愛する私は、ここにいるこの私だけだから。

 

 

 

満たされた私の隣には、同じく満たされた寝顔の彼がいた。

彼は今も昔も、こんな締まりのない顔をしていた気がする。

私の隣ではいつも。

 

 

彼の一言に傷ついたときには

もちろん彼女だって、できることなら何を言われても傷つかない無敵の精神でいたいのだ。

いつでも凛として自信を失わないパーフェクトな女でいたい。

 

彼の言葉を単なる「いじり」として受け流せる人も存在するのだろう。

でも、彼女は人間臭い人間だった。

どこにでもありふれたしょうもない女だった。

 

 

 

そういうときに、せめてできることといえば、

「あなたの言葉に傷つきました」と自己紹介することだけだ。

(特に男という生き物は、教えないと気付かないものなのだ!)

 

もう一つは、「私は傷つきたくないので、今後はそういうことを言わないでほしい」という要望を伝えることだ。

(これも、男は言われないと気付かないのである!)

 

 

正解と不正解を分かりやすく示してあげること。

好感度のパラメータとその上がり下がりの根拠を明示してあげること。

 

「あ、今の選択肢がまずかったんだ!」

と気づいてもらうこと。

 

 

 

傷ついたときに「なんか不機嫌っぽい」感じを醸し出してみても、彼らは一切気づかないから。

そのことを彼女を含め女たちは理解しておかなければならないのだ。

 

 

それでも、傷ついたことを彼氏に言いたくないときは

彼氏に「そんなことで傷つくの?」「面倒くさ…」と思われたくないから我慢したくなる気持ちもあるかもしれない。

 

心が狭いと思われたくない。

そんなことで怒るなよ、小さい女、と思われたくない。

 

 

それでも勇気を出して言えるかどうか。

それは、二人の今後の関係性を左右する重大な分岐点になる

 

 

もし彼の反応が

「そんなことどうでもよくね?」とか

「怒んなって」と軽々しく言ったりとか、

どうでもよさそうに目も合わせずに「はいはい」とか、

そういう、彼女の心をないがしろにするような態度をとるような男だったら、

 

 

あなたといるよりも一人でいたほうが幸せよ、と言って。

くしゃっとティッシュに丸めてポイすればいいのである。

 

 

夢見る男を許す

彼女は、自分の完全性を自負できたときから、

男が抱く「大きな胸への大きな願望」が心底どうでもよくなった。

 

「好きに夢見とけば?」という具合である。

 

 

何を良しとするかは、

 

他人のメガネで物事を見ても良いことはない。

 

例えば彼らは、

たとえ彼女が、淡いラベンダー色の地にくすんだ色の繊細なレースが重なった、大人っぽさとあどけなさが美しくバランスの取れたランジェリーをつけていても、

その本質的な良さにはまるで理解が及ばず、

布の面積の小ささとかどれくらい薄くて透けてるかとかにしか関心がない。

 

 

彼女たちの世界は、絶対に彼らには分からない。

女の夢と男の夢には、接点がまるでないのである。

 

 

だったら、私たちは私たちの世界と一体化していようではないか。

女の夢が現実になる、その世界の美しさを、私たちが私たちであることの喜びを一身に受けていようではないか。

 

 

男のロマンを「くだらない」だとかジャッジしたりせずに、

無関心という愛を注ごうではないか。

興味がないということは、つまり、お好きに自由にどうぞ、ということである。

 

 

 

その自由が許せないというのであれば、

もしかすると、あなたが許せていないのは、

あなた自身なのかもしれない。

 

 

 


 

自分を許すと「無敵」になれる:「自分を許す」ことでうつが治り、幸福度が上がる。

自分の幸せを許す方法。私は幸せになってはいけない?

このブログの運営者

生きづらさの解消方法・幸せに生きる考え方・うつ病の治し方をお伝えしています。
過去にうつ病になり、考え方を変えることで完治させた経験あり。

モットーは「自分の幸せを第一に生きる」。
現在会社員をやりながらADHDの夫と二人で幸せに暮らしています。

目次